MENU

昨今「介護とは、誰かにお世話されて成り立つ関係」
というのが知らず知らずのうちに当たり前の事の様になっているように感じられます。
その結果、お世話してもらっているという意識から「自分のやりたい事」や「想い」が打ち消されてしまい、高齢者が弱い立場になっているのではないかと思います。
しかし本来、人は誰しもがお世話しお世話される関係であると思います。

わたくしにしてもこれまで何人もの方々にお世話になり、またご指導をしていただきました。
それが実際の日常では介護が必要とされる状況において、自分の想いや考えを心の奥底にしまいこんで打ち明けることができず、日々過ごしている方々が非常に多く存在していることに強い疑問を抱くようになりました。

それゆえに、その様な方々に何か感謝の意味やご恩を伝えるすべはないかと考え、「住宅型有料老人ホーム 蔵」を開設いたしました。

わたくしたちは、入居者様と同じ目線で寄り添っていくことを第一に考えていきます。
いくつになっても夢を抱けたり、笑いの絶えることがない、そんな第二の人生を迎えていただけるような施設づくりを目指していく所存でございます。
どうぞよろしくお願いいたします。

© 2018 住宅型有料老人ホーム 蔵